木曜日(B群)

キーワードとなるのは、大体こんなもんでしょうか。

 集団遺伝学

 

  • ハーディーワインベルクの法則 (五つの原則)

1.突然変異がない

2.集団サイズが大きい

3.ランダム交配 

4.自然選択がない

5.移出入がない

とき、世代を超えて遺伝子頻度が不変

  • 近交系数、血縁度と集団遺伝(近交係数Fが高いとホモが増えますよ:近交弱勢)

血縁度:ある特有の遺伝子を共有する確率

有性生殖の生物学的意義・・・弱有害遺伝子の影響を外部交配により薄めること 

 遺伝と自然選択 
  • 擬態

まずくない種の蝶がまずい種に擬態するベーツ型

まずい者同士が似て宣伝効果を高めるミュラー型

  • 進化的に安定な戦略(ESS)

ある環境の中で種がもっとも繁栄するのに適した形質や行動(性比が一対一だとか)

概念のもとはゲーム理論(タカ派とハト派、どっちがお得?)

  • じゃあなんで社会性などの利他的行動があるの?(ハミルトンの包括適応度)

(包括的適応度)I=(ある個体自身の適応度)−(社会的行動による損失)+(利他的行為の対象者全員の血縁度)

ミツバチの場合、オスが単相のため、兄弟間の血縁度が四分の三(母子では二分の一)とかなり高いため、社会性が発達しやすい

ちなみに、カースト分化が生じる真社会性は、集団で住み、ふつう陸生である(海では卵や幼生が拡散し、血縁者が集団を作りにくい)ただしサンゴ礁に住んでるテッポウエビは例外的に新社会性を持つ

保全生物学
  • 守るべきものは生物多様性と生態系
  • 経済的にも、将来薬になるかもしれない植物がなくなったら大きな損失
  • 生物の危機

レッドデータブックでは四段階 extinct, critically endangered, endangered, vulnerable

危機の種類は、生息エリアの限減少、分断、孤立による近親交配、外来種による生態系攪乱

☆2011年度後期試験 1. 生物集団内には数多くの遺伝的変異が認められるが、その理由を説明せよ。

2. 多くの生物の性比が1:1である一方で、他寄生蜂などでは性比が著しく雌に偏る理由を説明せよ。

3. 日本のレッドデータブックによると、下記の生物は現在、絶滅の危機にあるとされている。それぞれの生物の生態的特徴を述べたのち、どのような危機が迫っているかを説明せよ。

A)トキ B)サクラソウ C)ナメクジウオ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-30 (月) 13:39:04 (3191d)