2013年度本試(2月14日 16:30~18:00)


1. 以下の問いに答えなさい。

(1) Bacteremia(菌血症)の診断と治療について説明しなさい。

(2) 院内感染対策について、下記の文言を用いて説明しなさい。【標準予防策、感染経路別予防策、医療従事者感染予防策(針刺し事故防止)】

2.侵襲性アスペルギルス症、ニューモシスチス肺炎に関し、原因微生物、危険因子(宿主因子)、症状、診断、治療について説明せよ。

3.黄色ブドウ球菌による感染症について、病態と治療に関し以下のキーワードをすべて用い説明せよ。【メチシリン耐性、毒素性ショック症候群、エンテロトキシン、グリコペプチド、第一世代セフェム、感染性心内膜炎】

4.急性腎盂腎炎の起炎菌を市中感染症と院内感染症に分けて述べ(最低2つ)、さらに初期治療薬について記せ(最低1つ)。

5.以下の問いに答えなさい。

(1) 届出必要な感染症のうち、全数把握疾患について、類型分類を中心に知るところを述べよ。(含まれる疾患の各々について詳しく述べる必要はない)

(2) 梅毒の抗原検査について知るところを述べよ。

(3) 感染性胃腸炎の原因微生物を5つ挙げ、各々の特徴について述べよ。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-14 (金) 19:22:05 (2130d)