フォントサイズの補正

ウィンドウサイズに対してフォントサイズを拡大縮小する機能。 公式ニコニコプレイヤーのサイズは544*385であるのに対し、DeepMilkPlayer? 2のサイズは任意の大きさである。 例えば、ウィンドウサイズが1680*1050の場合、デフォルトのフォントサイズ11や18は小さい。 そこで、『スクリーンサイズに対してフォントサイズを補正する』を有効にすれば、ウィンドウとニコニコプレイヤーのサイズの比率からフォントサイズが拡大縮小される(図2)。

図1 設定画面

cs.gif

図2 ウィンドウサイズが1680*1050の場合、約3倍に拡大された。

cs2.gif

低解像度にする

DeepMilkPlayer? 2は、デフォルトでコメントの解像度が高い設定になっている。 そのため、低スペックの環境では快適に再生できないことがある。 そこで、『低解像度にする』を有効にすれば、再生負荷やコメントのカクつきの軽減することができる。 低解像度にすると縁のサイズも拡大されるので、設定で小さくすると良い。

図3 低解像度と高解像度

cs3.gif

図5 D3D・GDI、解像度、縁のサイズを色々変えたコメント

cs5.gif

コメントサイズの補正の倍率

コメントサイズの補正の拡大縮小の際使われる倍率は、ウィンドウサイズを参照しているが、任意に指定することが可能である。 設定画面(図1)の『倍率を固定する』にチェックを付け、倍率を入力する。

図4 倍率を5に設定した例

cs4.gif

添付ファイル: filecs4.gif 91件 [詳細] filecs5.gif 117件 [詳細] filecs2.gif 113件 [詳細] filecs.gif 92件 [詳細] filecs3.gif 104件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-23 (月) 20:47:19 (2946d)